10代でも脱毛の可能性がある?

30代以下の脱毛については、若年性脱毛症であるといわれています。10代から薄毛の心配があった、抜け毛が多いと感じていたという人は、若年性脱毛症である可能性があります。

通常、男性型脱毛症に関していえば、40代から男性型脱毛症になる数値が高くなるという結果が出ています。そのため、一般的には30代くらいから、脱毛に関する意識を強めて、予防的ケアを行っていけばいいと考えます。しかし、なぜ10代という若い年齢から脱毛し始めてしまうのか、それにはやはり男性ホルモンの作用が関係しているのです。

通常、男の子は男性ホルモンが活発になる思春期にヒゲが濃くなったり、体毛が濃くなるなど、男性特有の体になっていきます。しかし、この年齢でも、男性ホルモンの分泌が過剰になってしまえば、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという毛髪の抑制物質に変わってしまう可能性が強くなるのです。

男性ホルモンであるテストステロンが過剰になれば、還元酵素5αリダクターゼという酵素がより多くテストステロンと結びついてしまうことになり、結果、ジヒドロテストステロンという毛髪の成長を抑制してしまう物質への変異が多くなってしまうということになります。

10代であっても、食生活やストレスによるホルモンバランスの変化によって、脱毛する可能性があるということを理解しておくことが必要なのです。