年齢別の脱毛について

脱毛の原因は、年齢とともに変わっていくものです。若い世代で脱毛が進んでしますという場合、食生活や睡眠などが関わっていることも多いですし、お父さん年代は、やはり男性方脱毛症となっていることが多いです。
年代別に脱毛の状態を見ていくことで、どのように改善すればいいのかが見えてきますので、まずは年齢別の脱毛の状態を理解しましょう。

男性方脱毛症に関してですが、20代では6%、30代で12%、40代で32%、さらに50代になると51%、60代で61%となっています。15歳から96歳までの平均値を見ると、データのうち、32%の男性に男性方脱毛症がみられるという計算になります。これは毎年それほど数値的に変わる事がないといわれているデータです。

脱毛の進み具合を考えてみると、30代から40代にかけて一気にふえ、その後、60代に至るまで上昇していることがわかります。つまり、30代以降、脱毛の状態、抜け毛などの状態に気を配っておくことが必要なのです。

まだ30代だからそんなに気にすることはないよとこれまで通りの食生活、生活習慣を継続すると、一気に脱毛状態が訪れる事もある、という事です。薄くなる前から脱毛を意識した生活を送っておくことで、脱毛を抑制する事も可能なのです。早くからしっかりと頭皮にいいことを理解し、予防ということで行っておくといいでしょう。