脱毛の治療について

毛のターンオーバー年齢別に見て、若い年齢でも脱毛の可能性があるということになると、やはり育毛剤などを利用して早くから改善、予防していくことが求められますが、実は、10代という年齢層での治療は認められていないのです

勿論、育毛剤や育毛シャンプーなどの商品を利用することは可能です。しかし、男性型脱毛症、また若年性脱毛症に関する治療で利用することが多い有効成分「ミノキシジル」などに関しては、10代で利用する事が出来ず、20代になってから利用するということになります。

20代での男性型脱毛症の治療はミノキシジルなどの有効成分を利用した治療が可能として、10代からすでに脱毛が気になるという場合、どのように対応すればいいのか、それは、体質改善、生活環境を変えるということで対応できます。

夜遅くまで起きているとホルモンバランスが乱れますので、夜10時くらいには眠るようにする、また食生活においても、野菜などを食生活の中に取り入れて、バランスのいい食事を心がけるなどすれば、男性ホルモンの過剰分泌を抑制することが可能です

生活環境を変えることで、ホルモンバランスを整える事ができますし、薄毛の改善のためには重要である血行を促進する効果を期待することもできます。10代という早い時代からしっかりと脱毛に関する知識を持って予防を行っていくことが重要なのです。

10代でも脱毛の可能性がある?

前頁に引き続いて、30代以下の脱毛については、若年性脱毛症であるといわれています。10代から薄毛の心配があった、抜け毛が多いと感じていたという人は、若年性脱毛症である可能性があります。

10代の薄毛通常、男性型脱毛症に関していえば、40代から男性型脱毛症になる数値が高くなるという結果が出ています。そのため、一般的には30代くらいから、脱毛に関する意識を強めて、予防的ケアを行っていけばいいと考えます。しかし、なぜ10代という若い年齢から脱毛し始めてしまうのか、それにはやはり男性ホルモンの作用が関係しているのです。

通常、男の子は男性ホルモンが活発になる思春期にヒゲが濃くなったり、体毛が濃くなるなど、男性特有の体になっていきます。しかし、この年齢でも、男性ホルモンの分泌が過剰になってしまえば、男性ホルモンがジヒドロテストステロンという毛髪の抑制物質に変わってしまう可能性が強くなるのです

男性ホルモンであるテストステロンが過剰になれば、還元酵素5αリダクターゼという酵素がより多くテストステロンと結びついてしまうことになり、結果、ジヒドロテストステロンという毛髪の成長を抑制してしまう物質への変異が多くなってしまうということになります。

10代であっても、食生活やストレスによるホルモンバランスの変化によって、脱毛する可能性があるということを理解しておくことが必要なのです。

年齢別の脱毛について

薄毛対策をしている脱毛の原因は、年齢とともに変わっていくものです。若い世代で脱毛が進んでしますという場合、食生活や睡眠などが関わっていることも多いですし、お父さん年代は、やはり男性方脱毛症となっていることが多いです。年代別に脱毛の状態を見ていくことで、どのように改善すればいいのかが見えてきますので、まずは年齢別の脱毛の状態を理解しましょう。

男性方脱毛症に関してですが、20代では6%、30代で12%、40代で32%、さらに50代になると51%、60代で61%となっています。15歳から96歳までの平均値を見ると、データのうち、32%の男性に男性方脱毛症がみられるという計算になります。これは毎年それほど数値的に変わる事がないといわれているデータです。

脱毛の進み具合を考えてみると、30代から40代にかけて一気にふえ、その後、60代に至るまで上昇していることがわかります。つまり、30代以降、脱毛の状態、抜け毛などの状態に気を配っておくことが必要なのです

まだ30代だからそんなに気にすることはないよとこれまで通りの食生活、生活習慣を継続すると、一気に脱毛状態が訪れる事もある、という事です。薄くなる前から脱毛を意識した生活を送っておくことで、脱毛を抑制する事も可能なのです。早くからしっかりと頭皮にいいことを理解し、予防ということで行っておくといいでしょう。だからといって、30代以下の方も薄毛になる可能性がありますので、次頁で説明します。

脱毛の悩みを持つ人が多い現代

薄毛男性の悩みとして聞くことが多かった抜け毛の悩み、現在は女性にも抜け毛、薄毛の悩みを持っている方が多くなっています。ストレスや食生活などが色濃く関係する脱毛は、今、多くの方がもっている悩みなのです。しかし、やはり脱毛というと男性に多い症状で、最近は若い男性も薄毛に悩む方が多くなり、育毛剤や育毛シャンプーなどのコマーシャルがかなり多くなったと感じます。しかし、なぜこんなにも脱毛に悩む方が多くなったのでしょう。

男性方脱毛症の場合、男性ホルモンが大きく関係します。男性ホルモンのテストステロンが過剰分泌されるとより多くの還元酵素が結びつきます。この還元酵素は5αリダクターゼという酵素で、テストステロンと結びつくと発毛阻害成分のジヒドロテストステロンという物質に変わってしまうのです。発毛を阻害してしまう物質が多くなることで、脱毛が進みます。この状態を男性方脱毛症といいます。

男性方脱毛症に関しては、脱毛専門クリニックなどが専門的治療を行っており、早期から治療を開始する事で、改善、維持ができるようになってきています。男性ホルモンが過剰分泌される要因には、生活習慣の乱れやストレスなどが関連し、特にストレスを受けると自律神経が乱れ、自律神経の乱れによってホルモンバランスが乱れてしまうので、過剰分泌の原因となるのです。

こうした薄毛に関しては年齢的な物も多いと言われてきましたが、現代は若い人でも薄毛に悩む人が多くなっていますので、しっかりと脱毛予防をしていくことが求められます。当サイトは、年齢別の脱毛の状態を知るサイトです。今回は男性方脱毛症の脱毛に関して、年代別に考えます。当サイトが脱毛を考えるサイトになれば幸いです。

関連情報>>>水戸中央CL 福島県:薄毛病院

Top